>ロハスwebショップ >ご挨拶

幸福になりたい、健康になりたい。あなたの健康を提供するロハスWebショップ

ロハスWebショップオーナーからのご挨拶

中田 稜山

世の中には、高齢化、成人病、サプリメントなどと健康にまつわる情報が溢れています。 こういう環境の中で、敢えて『ロハス』と名打ったWebショップを開店させていただきました。

ショップオーナーの中田稜山といいます。 私は、自分自身が健康に関する大きな経験をしました。 それは、このショップで紹介する商品との出会いから始まりました。 この経験を私が独り占めしてはまさにもったいないです。 そういう思いで、その商品たちをご紹介致します。



ロハスWebショップの販売ポリシーについて

オーナーは、健康機器や健康食品と出合ってから、いろいろな経験をしました。 そうです、私自身の健康が大きく改善したのです。 私のそういう体験を他の方にも味わっていただきたくて、ショップ開店を計画しました。 ところが、日本の法律では、いろいろと制約が大きいことが分かりました。
認められた効能以外を記載してはいけない
これが、薬事法の考え方だそうです。

私は、とても残念でした。しかし、めげません。 私の経験談は、なるべく検索すれば出てくるところで紹介します。 是非、その経験談と合わせてみていただければと思います。 また、そういう理由で、当ショップでは、劇的な宣伝は致しません。 その分、パンチが欠けるショップに見えるかもしれません。 でも、商品は、懇切丁寧をモットウに一生懸命紹介しますので、是非ご覧ください。

そうはいっても、ある程度の雰囲気は紹介したいと思います。 商品との関係は説明しませんが、ここに私の経験をざっと紹介のみ致します。

アトピーの話

子供の頃からアトピー性皮膚炎を持っていました。 当時は、アトピーという名称は有りませんでしたが。 成人する頃には治まっていたのですが、30歳代に入ってから大人の風疹を患いました。 風疹が治癒した頃に、なぜか身体全体が痒くてたまりません。 医者からアトピー性皮膚炎と診断されました。そうです再発したのです。

それから凡そ20年間、ずっとアトピー性皮膚炎で悩まされました。 ところが、ある健康機器と出合いました。そこで半信半疑ではありましたが、使い始めました。 確かに2年ほどは掛かりました。丁度、53歳半ばといった頃です。 それまでは、外用副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)の塗布を毎日欠かせませんでした。 それが皮膚の状況も良くなったので思い切って止めてみました。 それから、ずっとステロイド剤は不用という状態が続いています。 不要にて不用という意味です。まったく使う必要がありません。 はじめは、不思議ですらありました。

顔面神経麻痺の体験

会社で激務をこなしていた時、顔面神経麻痺を体験しました。 顔の半分が全く動かなくなる病気です。 リハビリをすれば比較的治癒率も高い病気だと聞いています。 しかし、当時、都内まで遠距離通勤をしていて、リハビリに通うのは困難を期していました。 顔面神経麻痺のリハビリはどの病院でもできるとは限りません。 私は、東海大学付属病院に通いました。しかし、通うためには休暇を取らないといけませんでした。 そういうことって、不可能です。年間20日間しか支給を受けていない休暇では、週に1回の通院でも無理です。 当時は、月2回の通院でなかなか治癒せずに困っていました。 一般的に3ヶ月といわれているのに、6ヶ月経っても動きません。

毎日でも実施すべきリハビリをどうやって受けようかと悩んでいました。 そこで出合った健康機器がありました。 その機能が、東海大学病院で使用していたリハビリ機器とまったく一緒だったのです。 私は、その機器を使用して顔面神経麻痺の後遺症を免れました。 上記の写真は、その治癒した後の写真です。(右、左、どちらが麻痺したか分かりますか)

愛犬セリオスの若返り

当家の愛犬セリオスの体験は是非紹介したいと思います。 1994年5月の生まれで、12才まで元気に生活していました。 ところが、12才で迎えた冬の頃、愛犬セリオスのからだに異変が起きました。 まず、お漏らしをする様になりました。それから、被毛が段々と薄くなってきたのです。 これから2回目の冬には、歩くのがやっとでまさに瀕死の状態だったと思います。

それは、2008年の春でした。ペット用の健康食品と出会いました。 3月に飲み始めて1ヶ月で毛が生え始め、8月には殆ど12歳の頃と同じように元気となりました。

その後、15歳で迎えた秋に、高齢の為に他界しました。 しかし、他界する前日まで散歩に行くことが出来ました。 人に喩えると、寝たきり老人を過ごすことなく天国に召されたのだと思います。

このペット用健康食品は、当ショップで紹介している商品をペット用に商品化されたものでした。

商品の発送について

当ショップは、ロハスミッション株式会社の代理店です。 商品によっては、ロハスミッション株式会社からの発送となります。 いずれにしても、商品に関するお問合せ、ご質問には、当ショップオーナーが直接お応え致します。 ご安心してご利用ください。

代金のお支払いについて

代金のお支払は、クレジット、銀行振り込み、代金引き換え、電子マネーなどから選択できます。 クレジット、電子マネーをご利用の場合は、インフォカート社の支払システムを利用して頂きます。 インフォカート社では、安心してご利用できる各種カードをはじめとして、銀行振り込み、分割払いなどがご利用いただけます。 日本国内では、有数のインターネットコマース企業です。 ご安心してお取引にご活用ください。

当ショップのお近くにお住まいの方に

当ショップの本拠地は、神奈川県厚木市です。神奈川県では、県央区と呼んでいます。 神奈川県県央区にお住まいの方は、オーナーが直接お会いしてお話することもできます。 是非、お問合せ頂きたいと思います。


問い合わせについて

問合せは、次のボタンをクリックしてください。別画面が開きます。

注意 広告などの売込みでご連絡される方へ

基本的には、SEO対策、販売のお手伝い等の売込みはお断り致します。 特に、お電話でのご連絡はお客様のご迷惑となるので、厳禁とさせて頂きます。

注意 ホームページから連絡先を収集している業者の方へ

オーナーは、その様な情報の収集には、同意致しません。 問合せ先は、当ショップ商品のご購入、またはオーナーとのコンタクトを目的に提供しています。 それ以外の目的での連絡方法収集は、厳禁と致します。 また、収集済みのデータについても、早急な破棄を要求致します。


余談です

オーナーは、中田稜山といいます。 しかし、特定商取引に基づく表示には、「中田亮一」と記載しています。 中田亮一は本名です。中田稜山はいわゆるあだ名というものです。

古来、日本には諱(忌み名)徒名(あだ名)というものがあります。 簡単にいうと、諱が本名で徒名が愛称です。 しかし、諱は、忌み名と言って、死んだ時の為に取って置く名であり、通常は徒名を使う。 これが日本古来の名前のルールでした。

稜山の由来は、私の名前をインターネット検索して頂くと分かるかもしれません。 曲がったものが嫌い。筋が通らなければトコトン突き詰める。 そういう性格を稜々たる山に例えました。

稜山の漢字を説明するときは、いつも五稜郭を使います。「五稜郭の稜です」と言った具合です。 でも、本当は、稜山ではないのです。稜の元字は、木偏が正しいのです。 日本に入ってきたときに間違ってノ木偏になってしまったのです。 だから、私は、正式には次の文字を使っています。 残念ながら、まだPCでは表示できないので、イメージで示す必要があります。

稜を木偏にした中田稜山の名前の画像


著作権とリンクについて/個人情報とセキュリティについて
All Rights Reserved,Copyright Radical Mountain Project 2016